記事検索

グリー、ソーシャルプラットフォームを日本と海外で統一へ


 グリーは、日本と海外で異なる仕様となっている同社のソーシャルプラットフォームについて、2012年前半を目処に統一すると発表した。

 同社では2011年4月、米国のソーシャルゲームプラットフォーム事業者であるOpenFeintを買収し、北米および欧州市場に事業を展開している。これまでも国際展開の基本方針として、プラットフォーム事業では仕様の共通化を図ることが示されてきたが、今回、その具体的な取り組みとして、2012年前半にも、グリーおよびOpenFeintのソーシャルアプリ向けプラットフォームのAPIやSDK(開発キット)が統一されることになった。

 仕様統一により、日本市場向けに開発されたアプリを海外に展開しやすくなり、その規模について同社は「AndroidおよびiOS対応プラットフォームでは世界最大」としている。詳細については、12月上旬に発表するとのこと。なお、グリーでは日本の大手ゲームメーカーによるソーシャルゲームや年内公開予定という北米向け自社製ゲームを、統一プラットフォームで展開する。


関連情報


(関口 聖)

2011/11/2 15:13