記事検索

マイクロソフト、11月の月例パッチは“緊急”1件を含む計4件


 日本マイクロソフト株式会社は4日、11月9日に公開を予定しているセキュリティ更新プログラム(修正パッチ)の事前情報4件を公開した。脆弱性の最大深刻度は、4段階で最も高い“緊急”が1件、2番目に高い“重要”が2件、3番目に高い“警告”が1件。4件ともWindowsに関する脆弱性を修正する。

 最大深刻度が“緊急”の1件は、Windows 7/VistaおよびWindows Server 2008 R2/2008が対象で、深刻度はいずれの環境でも“緊急”。また、最大深刻度が“重要”のうち1件は、現在サポートされているすべてのOS(Windows 7/Vista/XPおよびWindows Server 2008 R2/2008/2003、Itanium版を除く)が対象となる。

 マイクロソフトではこのほか、新たなウイルス「Duqu」で使用されていることが確認された、TrueTypeフォントの解析エンジンの問題により特権昇格が引き起こされる脆弱性について、セキュリティアドバイザリを公開した。マイクロソフトではこの問題について現在対応を薦めているが、今月の月例パッチには間に合わないとしている。


関連情報


(三柳 英樹)

2011/11/4 12:12