記事検索

プラネックス、1台2役のBluetooth/無線LAN両対応アダプター「BT-Micro3H2X」


「BT-Micro3H2X」

 プラネックスコミュニケーションズ株式会社は11日、Bluetooth 3.0+HS(High Speed)とIEEE 802.11b/g/nの無線LAN機能を内蔵したコンボ仕様のアダプター「BT-Micro3H2X」を発表した。対応インターフェイスはUSB 2.0。参考価格は4200円で、12月中旬発売予定。

 2009年4月に正式公開された通信規格「Bluetooth 3.0+HS」対応のUSBアダプター。IEEE 802.11b/g/n対応の無線LAN機能もサポートしているのが特徴。USBポートを1つ占有するだけで、Bluetoothと無線LANを同時利用できる。なお、両規格とも2.4GHz帯の無線を使用するが、「802.11 Co-existence」技術に対応しているため、電波干渉は抑えられているという。

 Bluetooth部の最大通信速度は24Mbps。出力クラスはClass 2(最大10m)。従来のBluetooth 1.2/2.0/2.1/3.0+EDRにも対応する。サポートするプロファイルはA2DP、AVRCP、HFPなど。付属するBluetoothドライバースタックはモトローラ製。

 無線LAN部の最大通信速度は150Mbps。Windows Vista/XP搭載PCとの接続時は、アクセスポイントモードでも動作するため、無線LAN親機(ルーター)としても活用できる。

 本体サイズは約12×34.7×4.5mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは約2.5g。対応OSはWindows 7/Vista/XP。


関連情報


(森田 秀一)

2011/11/11 15:14