記事検索

セブン-イレブンやヨーカドーでドコモ公衆無線LAN「Mzone」が利用可能に


 株式会社NTTドコモは16日、セブン&アイ・ホールディングスグループの店舗において、公衆無線LANサービス「Mzone」の提供を開始すると発表した。まず17日から東京23区内のセブン-イレブン約550店舗、イトーヨーカドー、そごう・西武、デニーズなどの約10店舗で利用可能になる。2013年2月までには全国1万4000店舗へと拡大させる予定。

 Mzoneは、NTTドコモが整備を進めている公衆無線LANサービス。NTTドコモのスマートフォンで「spモード」やパケット定額サービスを契約していれば、期間限定で無料利用できる。また、それ以外のユーザーでも月額1575円、日額525円の料金で利用可能。

 セブン&アイ・ホールディングスグループ店舗を対象としたサービスエリア拡大は、今後も段階的に実施する。東京23区内については2012年2月をメドに、セブン-イレブン約1300店舗、イトーヨーカドー、そごう・西武、デニーズでは約100店舗に増やす。

 Mzone全体では17日時点で約7500カ所をサービスエリアとしているが、コンビニやカフェ、鉄道駅など利用頻度の高い場所を中心に拡大し、2012年上期中には約3万カ所での提供を目指す。その後も、顧客ニーズなどを踏まえながらアクセスポイント10万カ所体制を検討していくという。


関連情報


(森田 秀一)

2011/12/16 17:14