記事検索

「食べログ」ランキング不正操作のステルスマーケティング業者は法的措置も

カカクコムが39社把握


 グルメサイト「食べログ」において、好意的な口コミを投稿してランキングを上げる代わりに、飲食店から金銭を受け取る不正な業者が存在すると報じられた件で、同サイト運営元の株式会社カカクコムは5日、こうした行為を停止しない業者に対しては法的措置も視野に入れて対応していく考えを明らかにした。

 食べログは、飲食店に訪問したユーザーが5点満点で評価や口コミを投稿できるサイト。カカクコムによれば、飲食店より「不正業者から食べログへの口コミ代行等の営業を受けた」との通報が2011年1月ごろに寄せられ、その際に業者が示した営業資料などに基づき独自で調査を実施。同年12月までに延べ39社の不正業者を把握したという。

 食べログでは、恣意的なランキングの操作を排除すべく、飲食店の評価にあたる「点数」の算出方法を継続的に変更しているという。同社は「美味しいお店が見つかるグルメサイト」の価値を維持し発展させるため、今後もさらなる機能改善・運営体制の強化を行っていくとしている。


関連情報

(増田 覚)

2012/1/5 19:25