記事検索

GoogleがAndroidアプリ購入者情報を誤開示、決済システム不具合で


 Googleが運営する「Androidマーケット」で有料アプリを購入したユーザーの個人情報が、アプリの販売者に誤って開示されていたことがわかった。決済システム「Google Checkout」の不具合が原因だという。

 誤って開示されていたのは、Androidアプリ購入者の住所と電話番号。アプリ販売者は、Google Checkoutの管理ページでこれらの個人情報を閲覧できる状態だった。無料アプリの購入者情報は誤開示されていないとしている。

 グーグルは通常、Androidアプリ購入者の氏名とメールアドレス、番地を除く住所をアプリ販売者に開示している。これは「キャリアやカード会社に問い合わせる際などに必要なため」で、不具合修正後もアプリ販売者にこれらの情報を開示する。

 グーグルはGoogle Checkoutの不具合について、「通常は発送を伴う物販において販売者が見られる購入者の電話番号が、デジタル製品の販売者の管理画面でも一時的に閲覧可能になってしまった」と説明している。

 不具合の発生時期は不明というが、グーグルでは1月上旬に不具合に気付いて調査を開始し、1月12日までに不具合を修正した。誤って開示された個人情報の件数は「アプリ販売者が何件閲覧したかはこちらでは確認できない」(グーグル)としている。


関連情報

(増田 覚)

2012/1/13 18:02