記事検索

ソニーが開発した暗号技術「CLEFIA」、国際標準規格に採択


 ソニー株式会社は26日、ソニーが開発し2007年に発表した共通鍵ブロック暗号アルゴリズム「CLEFIA(クレフィア)」が、軽量暗号(Lightweight Cryptography)の国際標準規格「ISO/IEC 29192」の1つとして採択されたと発表した。

 CLEFIAは、米国政府標準暗号のAESと同じインターフェイスに対応し、ブロック長が128ビット、鍵長は128/192/256ビットから選択可能なブロック暗号。リソースが限られた機器や省電力性が求められる機器において高い性能を発揮することが可能で、スマートカードやRFIDタグ、センサーネットワーク、医療機器などでの利用にも適しているという。

 ソニーでは、ISO/IECによる国際標準規格化を受け、様々な機器やサービスにおけるCLEFIAの利用シーンを広げる活動を推進するとともに、軽量暗号技術の分野において引き続き研究開発を行なっていくとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2012/1/26 16:49