記事検索

米スーパーボウルの最大瞬間ツイート数は1万2233件、「バルス」に及ばず


 米Twitterは5日、アメリカンフットボール「NFL」のシーズン優勝決定戦「スーパーボウル」の試合終了時点において、1秒あたりツイート数(TPS)が1万2233件に達したと発表した。試合終了前の3分間は、平均で毎秒1万件のツイートが投稿されていたという。

 2番目にツイート数が多かったのは、歌手のマドンナが登場したハーフタイムのショーで1万245件。ショーが行われている最中は、約5分にわたって毎秒平均で8000件のツイートが投稿され続けていた。

 なお、TPSのこれまでの世界記録は、日本時間の2011年12月9日夜にアニメ映画「天空の城ラピュタ」がテレビ放映された際で、主人公の2人が滅びの呪文「バルス」を唱えた瞬間に2万5088件のツイートが投稿された。


関連情報


(増田 覚)

2012/2/6 17:11