記事検索

Firefox/Thunderbirdのバージョン10.0.1公開、脆弱性1件を修正


 Mozillaは10日、ウェブブラウザー「Firefox」のセキュリティアップデートとなるバージョン10.0.1を公開した。Windows版、Mac版、Linux版が公開されており、現行ユーザーに対しては自動アップデートが提供される。

 Firefox 10.0.1では、1件の脆弱性を修正。脆弱性の重要度は4段階で最も高い“最高”とされている。このほか、Javaアプレット上で文字入力が無反応になる場合がある問題を修正している。

 Firefoxの延長サポート版(ESR版)についても同様に、バージョン10.0.1を公開。また、メールソフトの「Thunderbird」についても、同じ脆弱性を修正したバージョン10.0.1を公開した。


関連情報


(三柳 英樹)

2012/2/13 12:34