記事検索

NTT西日本、テレビやPCの回りの配線を整理するサービス「配線じょーず」


 西日本電信電話株式会社(NTT西日本)は、家庭内のネットワーク機器などの回りで乱雑になりがちな配線をまとめて整理するサービス「配線じょーず」を3月5日より提供すると発表した。まずは大阪府、兵庫県、愛知県で開始し、順次エリアを拡大する。

 光ブロードバンドサービスを活用した豊かな生活を実現する取り組みとして、同社が提唱している「家まるごとデジタル化」構想におけるサポートサービスの一環。フレッツアクセスサービスや固定電話などを契約している個人世帯向けに提供する。

 対象となる個所は、テレビ回り(テレビ本体とその周辺機器が設置されている個所)、PC回り(PC本体とその周辺機器が設置されている個所)、情報通信機器回り(回線終端装置やルーターなどの通信関連機器が設置されている個所)の3種類。

テレビ回りの整理例

 基本メニューがいずれか1個所に対して1万1550円で、機器5台までの配線の整理が含まれる。これを超える分は機器3台につき4200円。さらに別の個所の作業については追加メニューで1個所につき8400円。配線は結束バンドでまとめるほか、ホームセンターで売っているような格子状のネットを机の後などに取り付け、まとめた配線を固定する。

 オプションメニューも用意しており、ケーブルボックス小が4095円/大が5355円、ルーター収納ボックス縦型が9660円など。

オプションメニューの施工例。ケーブルボックス大(左)と、ルーターボックス縦型(右)




関連情報


(永沢 茂)

2012/2/28 06:00