記事検索

FBI、ハッカーグループ「LulzSec」メンバーなど6人を米国内外で逮捕


 米連邦捜査局(FBI)は6日、ハッカーグループ「LulzSec」と「AntiSec」のメンバーとされる計6人を米国内外で逮捕したと発表した。FOX、Sony Pictures、PBSへのハッキング、また諜報機関と関係が深いとされる調査機関のStrategic Forecasting(Stratfor)への侵入と情報漏えいに関連した容疑が持たれている。

 このうちLulzSecに属するとされるのは5人。Hector Xavier Monsegur容疑者(コードネーム「Sabu」「Xavier DeLeon」「Leon」)はニューヨーク在住、Ryan Ackroyd容疑者(コードネーム「kayla」「lol」「lolspoon」)とJake Davis容疑者(コードネーム「topiary」「atopiary」)の2人はロンドン在住、Darren Martyn容疑者(コードネーム「pwnsauce」「raepsauce」「networkkitten」)とDonncha O’Cearrbhail容疑者(コードネーム「palladium」)の2人はアイルランド在住。

 AntiSecに属するとされるJeremy Hammond容疑者(コードネーム「Anarchaos」「sup_g」「burn」「yohoho」「tylerknowsthis」「crediblethreat」)はシカゴ在住で、LulzSecメンバーとは別に起訴されることになる。

 中心的人物とされるMonsegu容疑者はすでに罪を認めており、最大124.5年の刑が宣告される可能性がある。FBIは「同容疑者に基づく情報」として発表している内容があるが、米FOX Newsは同容疑者がFBIと内通していたと報道している。

 LulzSecは、別のハッカーグループ「Anonymous」から派生したとされているが、いずれも中央集権的な組織構造はなく、緩やかに連携したグループと考えられている。

 LulzSecのメンバーはかなりの個人情報をチャットルームなどで残しており、そのことから当局による逮捕を予測する声も上がっていた。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2012/3/7 11:47