記事検索

最後の「アルファブロガー・アワード」19人選出、8年間で117ブログ殿堂入り


 アジャイルメディア・ネットワーク株式会社とシックス・アパート株式会社が事務局を務めるアルファブロガー運営委員会は12日、「アルファブロガー・アワード2011」において、19ブログが「ソーシャル大賞」として選出されたと発表した。同アワードは今年が最終回。

 アルファブロガー・アワードは、影響力のある“アルファブロガー”を投票で決める企画として2004年に第1回を実施。「やまもといちろうBLOG」「百式」はじめ、これまでに計117のブログが受賞した。事務局では今回、同アワードが最終回であることを受け、過去8年間に選出した117人の「アルファブロガー・リスト」を公開した。

 アルファブロガー・アワードは、特に良質な情報や面白いコンテンツを公開しているブロガーを発掘・評価する場を提供することなどを目的に運営されてきたが、最近ではTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアが普及。ブログの記事単位で広く話題が伝播するようになるとともに、影響力が高いブログを探すことも容易となったことを受け、ブロガー自体を表彰する必要性が低下してきたと判断した。


関連情報


(永沢 茂)

2012/3/12 11:43