記事検索

Mozilla、「Firefox 11」のリリースを少し延期


 Mozillaは13日、FirefoxとThunderbirdの新バージョン(バージョン11)の公開について、これまでアナウンスしていた日本時間3月13日深夜から遅れる予定であることを明らかにした。

 Mozillaでは、原則として6週間ごとにFirefoxとThunderbirdの新バージョンを公開しており、バージョン11は3月13日が公開の予定となっていた。

 Mozillaでは、今回の新バージョン公開が遅れる理由について、日本時間3月14日にはマイクロソフトの月例セキュリティ更新プログラムが提供される予定となっており、以前Firefoxの更新に影響を及ぼしたことがあるため、影響を見極めるために1日か2日は必要だと考えているためと説明している。

 また、Firefoxの新バージョンに影響を及ぼす可能性のある脆弱性について、ハッキングコンテスト「Pwn2Own」を主催したZero Day Initiativeからの報告を待っている段階で、情報は月曜日中に提供される見込みのため、その脆弱性を評価した上で今回の更新で修正を行うかを判断するとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2012/3/13 17:33