記事検索

福岡市、今度は「Pinterest」のアカウント開設して情報発信、国内自治体で初


 福岡市は20日、「Pinterest」にアカウント「福岡チャンネル」を開設し、運用を開始した。動画による市政情報などを発信するとしており、日本の自治体として初めてだという。

 Pinterestは、ネット上の画像や動画を共有するためのソーシャルサービス。任意の“ボード”を作り、そこにお気に入りの画像や動画を“ピン留め”しておける。福岡チャンネルでは5つのボードを設置し、市長の動き、市長からのメッセージ、福岡市の魅力紹介、重要プロジェクト、市長記者会見の動画を共有していく。

Pinterestに開設した「福岡チャンネル」

 福岡市では従来より、YouTubeやニコニコ動画、Twitterなどのソーシャルサービスを活用した情報発信に積極的に取り組んでいる。Google+ページも日本の地方自治体で初めて開設し、今年2月より本格運用を開始していた。


関連情報


(永沢 茂)

2012/4/20 13:30