記事検索

東芝、Android 4.0搭載「レグザタブレット」4機種を発表


 株式会社東芝は、タブレット端末「レグザタブレット」シリーズの新製品として、13.3型の「AT830」、10.1型の「AT700」「AT500」、7.7型の「AT570」の4機種6モデルを発表した。5月18日から順次発売する。

 新機種は、全モデルでOSにAndroid 4.0を採用。東芝の映像処理技術「レゾリューションプラス」などによる高画質化や、音響処理技術により聴き取りやすい音を出力する機能などを搭載。液晶テレビ「レグザ」やブルーレイディスクレコーダー「レグザブルーレイ」と連携してLAN経由で放送中の番組や録画番組を視聴できる機能を備える。通信は各モデルとも無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)とBluetooth 3.0に対応する。

 AT830は、ディスプレイに13.3型IPS液晶(1600×900ドット)、CPUにTegra 3(1.4GHz)を搭載する大画面モデル。本体に地上デジタル放送/ワンセグチューナーを内蔵し、ロッドアンテナにより屋外でもテレビを視聴できる。記憶容量は64GB、メモリは1GB。本体サイズは約343.8×211.3×9.9mm。重量は約1.00kg。店頭想定価格は8万円前後で、5月18日発売。

 AT700は、ディスプレイに10.1型IPS液晶(1280×800ドット)、CPUにOMAP 4430(1.2GHz)を搭載する薄型軽量モデル。記憶容量は64GB、メモリは1GB。本体サイズは約256.0×176.0×7.7mm。重量は約535g。店頭想定価格は7万円前後で、5月18日発売。

 AT500は、ディスプレイに10.1型IPS液晶(1280×800ドット)、CPUにTegra 3(1.3GHz)を搭載するスタンダードモデル。記憶容量は64GBと32GBの2モデルが用意され、メモリは1GB。本体サイズは約260.6×178.9×9.0mm。重量は約590g。店頭想定価格は64GBモデルが5万9000円前後、32GBモデルが5万1000円前後で、5月26日発売。

 AT570は、ディスプレイに7.7型有機EL(1280×800ドット)、CPUにTegra 3(1.3GHz)を搭載する小型モデル。有機EL搭載のタブレットは国内初としており、従来機種に比べて約2.2倍の色再現性と約4.25倍のコントラスト比、約12.5倍の応答速度を実現したとしている。記憶容量は64GBと32GBの2モデルが用意され、メモリは1GB。本体サイズは約204.5×135.2×7.9mm。重量は約332g。店頭想定価格は、64GBモデルが6万1000円前後、32GBモデルが5万3000円前後で、5月26日発売。


関連情報

(三柳 英樹)

2012/5/14 17:11