記事検索

「Google Chrome 19」安定版公開、他の端末とのタブ同期機能を追加


他の端末とのタブ同期機能が追加

 Googleは15日、ウェブブラウザー「Google Chrome 19」の安定版を公開した。バージョン番号は「19.0.1084.46」で、Windows版、Mac版、Linux版、Internet Explorer用プラグインのChrome Frameが公開されている。

 Google Chrome 19では、他の端末のGoogle Chromeで開いているタブを、現在利用しているGoogle Chromeで開く機能が追加された。Googleアカウントにログインした状態であれば、Google Chromeの新規タブ画面で「最近閉じたタブ」の隣に「その他のデバイス」ボタンが表示され、他の端末で開いているタブを参照できる。

 同様の機能は、Android 4.0向けに公開されているAndroid版のGoogle Chromeベータ版にも搭載されており、Android版Chromeで開いているタブも参照できる。

 また、最新版では合計18件の脆弱性を修正している。18件中7件の脆弱性は、危険度が4段階で上から2番目に高い“High”とされている。


関連情報

(三柳 英樹)

2012/5/16 12:28