記事検索

新「NIFTY-Serve」提供開始、昔のハンドルで“フォーラム”に出入り可能


 ニフティ株式会社は24日、新サービス「NIFTY-Serve」を同日より1年間の期間限定で提供すると発表した。

 NIFTY-Serve(ニフティサーブ)とは、ニフティが1987年から2006年まで提供していたパソコン通信サービスの名称だ。同社は昨年、創立25周年記念プロジェクトの一環として、NIFTY-Serveのパソコン通信を体験できるコンテンツ「Welcome to NIFTY-Serve」を公開していた。

 今回は、ユーザーから要望が多かったという“フォーラム”などの機能も再現。「体験できるだけでなく、実際に当時の仲間と再会しコミュニケーションできるサービスとして、『NIFTY-Serve』を提供する」としている。

NIFTY-Serve

 新NIFTY-Serveでは、当時のフォーラムを再現した「フォーラム同窓会」、思い出を語り合う「エピソード募集」、ノージャンルの掲示板「フリートーク」などの機能を提供する。また、ユーザーから機能・サービスに関する意見・要望を受け付け、今後1年間を通じて改良・発展させていくという。

 フォーラム同窓会では、1996年時点のフォーラム一覧を用意。「GO <フォーラム名>」のコマンドを使ってアクセスできる。「参加していた」ボタンでフォーラムに自分のハンドルネームを登録すれば、当時の仲間に簡単に見つけてもらえる。

 また、NIFTY-Serve上のハンドルネームで利用者同士がメッセージをやりとりできる。本人かどうか自信がない場合は、相手のプロフィールにある「気になる」ボタンでアピールすることが可能だ。

 利用するには、すでにサービスを利用しているFacebook上の友達から招待を受けるか、NIFTY-Serveの招待申請ページから申し込む。招待申請ページの申請者には順次、ニフティから招待状が届く。


関連情報


(増田 覚)

2012/5/24 13:42