記事検索

NAVERまとめ“丸ごと転載”はNG、権利侵害でインセンティブ対象外に


 NHN Japan株式会社は20日、「NAVERまとめ」の一部まとめ記事について、広告収益をユーザーに還元するインセンティブプログラムの対象外とすると発表した。以下の内容のまとめ記事がインセンティブ対象外となる。

・1つの情報ソースから情報を転載しただけ
・検索結果をそのまま移しただけ
・特定サイトへの誘導を目的にしている
・キーワードを変えただけで機械的に作成された内容の薄い大量作成コンテンツ
・タイトルと一致するコンテンツが1、2個のみ(+関連リンクで水増し)
・タイトルと無関係な他まとめ(同一作者)へのリンク

 これらに該当するまとめ記事は、過去に作成されたものも含めて順次、インセンティブの対象外となる。なお、すでに支払われたインセンティブの返金を求めることはないとしている。

権利侵害の指摘が急増、悪質なユーザーはアカウント停止も

 NHN Japanによれば、昨今では権利者による権利侵害の指摘が非常に増えており、熱心なユーザーの中からも質の低いまとめ記事に関する事例の共有や多くの問題提議が寄せられているという。

 最近では、日刊サイゾーが掲載した「『なんで1社だけなんだ!』ズレた方向に存分な効果を発揮したメディア・スクラム」という記事をほぼ丸ごと転載し、段落ごとに独自の見出しをつけたまとめ記事が投稿され、一部から非難が集まっていた。

 NHN Japanでは20日、サイゾー側の申し立てにより、このまとめ記事を削除している。同社は今後、悪質性が高いと判断されるまとめ記事の投稿者には警告やアカウント停止といった強い対応も検討するという。

 なお、NAVERまとめではネット上の画像を使ったまとめ記事も数多く投稿されている。その中には他人の著作物を無許諾で投稿するケースもあり、一部のユーザーからは著作権侵害を懸念する声も出ている。

 他人の著作物である画像を無許諾で投稿するまとめ記事については、今回発表されたインセンティブ対象外の内容には含まれていないが、この点についてNHN Japan広報部は以下のような見解を示している。

 「権利者からの削除要請に基づき、NHN Japanで権利侵害を確認できれば、利用規約3条3号違反として、迅速に対応します。」


関連情報


(増田 覚)

2012/6/20 21:29