記事検索

iOS版Sleipnir Mobileが「2.0」に、外部サービスとの連携強化


 フェンリル株式会社は6日、iOS向けブラウザーアプリ「Sleipnir Mobile for iPhone/iPad 2.0」を公開した。FacebookやTwitter、Dropboxなど外部ウェブサービスをSleipnir Mobileから直接利用しやすくなったほか、独自アカウント制度「Fenrir Pass」との連携も強化した。App Storeから無料でダウンロードできる。


「Sleipnir Mobile for iPhone/iPad 2.0」 外部サービスとの連携を強化。サイトを閲覧しながら、FacebookとTwitterへ同時投稿するといったことも可能

 iOS版Sleipnir Mobileは、今回が初のメジャーバージョンアップ。Sleipnir Mobileのインターフェイス上から直接、外部ウェブサービスを利用できるようになった。具体的には、閲覧中のページについてのつぶやきをTwitter、Facebook、Google+へ同時投稿したり、ページキャプチャー画像のDropbox保存、Instapaperへのページ登録などが行える。

 また、フェンリルが独自に展開している「Fenrir Pass」にも対応。外部ウェブサービスのアカウントとの紐付けを一度済ませておけば、Windows/Mac向けの「Sleipnir 3」など他のフェンリル製アプリでも、連携設定を共有できる。なお、Android版Sleipnir Mobileでも近日中にこの機能に対応する予定という。

 このほか、ジェスチャーによる操作、ページのローカル保存、フルスクリーン表示などもサポートする。


関連情報


(森田 秀一)

2012/7/6 18:11