記事検索

釣りゲー著作権侵害訴訟の控訴審判決、DeNAが逆転勝訴、グリーの請求棄却


 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)は8日、同社に対してグリー株式会社が起こしていた釣りゲームの著作権侵害訴訟で、知的財産高等裁判所において同日、DeNAの主張を全面的に認める判決が下されたと発表した。

 一方、請求を棄却されたグリーは即日、最高裁判所に上告すると発表した。

 グリーは2009年9月、DeNAが「Mobage」で配信している携帯電話向けゲーム「釣りゲータウン2」が、グリーで開発・配信している「釣り★スタ」の著作権等を侵害しているとし、東京地方裁判所に訴訟を提起。2012年2月に一審判決が言い渡され、DeNA側に対して損害賠償金2億3460万円の支払いと釣りゲータウン2の配信差し止めが命じられた。

 これに対してDeNAは判決内容を不服として即日控訴。グリーでも同社の主張の一部が認められなかったことから、同年3月に知財高裁に控訴していた。

 今回の知財高裁の判決では、DeNAの主張が全面的に認められ、一審判決におけるグリーの勝訴部分が取り消され、グリーの請求はいずれも棄却されたという。


関連情報


(永沢 茂)

2012/8/8 18:17