記事検索

漫画「ブラックジャックによろしく」の二次利用が9月15日よりフリーに


 漫画「ブラックジャックによろしく」の二次利用が9月15日よりフリー化される。同作品の作者である佐藤秀峰氏が、自身のTwitterや日記で発表した。

 商用・非商用にかかわらず、誰にでも二次利用を認めるとしており、これには作品の複製、公衆送信、外国語版、パロディ、アニメ化、テレビドラマ化、映画化、小説化、アプリ化、関連グッズ制作・販売、同人での二次創作なども含まれる。佐藤氏は、作品の著作権は放棄しないが、その利用について著作権を行使しないというスタンス。ロイヤルティーや報酬も一切要求しないとしており、利用にあたって事前連絡も不要という。

 作品データは日本版と英語版を用意しており、詳しい利用規約とともにウェブサイト「漫画 on Web」において、9月15日よりダウンロード配布する予定。基本は、作者名をどこかに明記することおよび自己責任で行うことの2点を示している。

 なお、二次利用フリー化については多くの質問が寄せられているとしており、9月15日20時から放送する「ニコ生」の番組内において、それらの質問や疑問に回答する予定だ。

 また、二次使用フリー化を記念して9月20日から10月2日まで、東京都内で「ブラックジャックによろしく」の原画展を開催する。会場では、マスター製版データも販売する予定。

 佐藤氏は「漫画 on Web」に掲載している自身の日記の中で、インターネットと著作権について言及し、「著作権という概念に囚われずに、著作で利益を得る方法はないでしょうか」とコメント。同作品の二次利用フリー化を行った結果「どのように作品が拡散し、利用され、著者に利益をもたらすのか、もたらさないのか、その調査をしたいと思っています。その先に見えるものが、きっと次のヒントになると信じています」と述べている。


関連情報

(永沢 茂)

2012/8/21 19:10