記事検索

違法ダウンロード刑罰化で啓発活動、レコード協会ら7団体が委員会立ち上げ


 一般社団法人日本レコード協会など著作権関連7団体は14日、「STOP!違法ダウンロード広報委員会」を設立した。10月1日に改正著作権法が一部施行されることを受け、いわゆる“違法ダウンロード刑罰化”に関する啓発活動を共同実施していく。

「STOP!違法ダウンロード」のキャンペーンサイト

 委員会に参加するのは日本レコード協会、日本音楽事業者協会、日本音楽制作者連盟、日本音楽出版社協会、日本芸能実演家団体協議会実演家著作隣接権センター、演奏家権利処理合同機構、映像実演権利者合同機構。なお、日本音楽著作権協会(JASRAC)も活動に協力している。

 9月14日には、委員会による啓発キャンペーンサイトがオープンした。改正著作権法の成立背景についてまとめた記事や、Q&A集などを掲載している。

 委員会では、「違法ダウンロードの撲滅、著作権および著作隣接権の保護並びに日本の音楽文化の発展に寄与」することを活動目標として掲げており、継続的に活動を行う。具体的には、動画投稿サイトをはじめとした各種ウェブサイトでの広告、小・中学生やCD販売店向け啓発ポスターの配布などを計画しているという。


関連情報


(森田 秀一)

2012/9/14 17:11