記事検索

日本レコード協会、「私的違法ダウンロード刑罰化」法案成立に歓迎コメント


 一般社団法人日本レコード協会は20日、私的違法ダウンロードの罰則化を含む著作権法の改正案が、可決・成立したことを歓迎するコメントを発表した。

 改正著作権法では、「違法に配信されているものであることを知りながら、有償の音楽・映像を私的使用目的で複製する行為」(私的違法ダウンロード)に対して、懲役2年以下もしくは200万円以下の罰金または併科の罰則が設けられた。

 日本レコード協会では、2010年の調査では43.6億ファイルもの音楽や映像が動画共有サイトやP2Pファイル共有ソフトなどを介して不正にダウンロードされていると推定されており、このような実態が音楽創造のサイクルに重大な影響を及ぼしているため、他の音楽関係団体とともに今回の法改正の必要性を訴えてきたと説明。今回の著作権法改正案が可決・成立したことを歓迎するとともに、10月1日の改正法施行に向けて、改正の趣旨を十分に周知するための広報活動などに積極的に取り組んでいくとしている。

 合わせて、日本レコード協会会長の北川直樹氏のコメントも発表した。コメントは以下の通り。

 このたび、「私的違法ダウンロード」への罰則の導入を含む著作権法の一部を改正する法律案が可決、成立し、今年10月1日から施行されることとなりました。これもひとえに、関係各位のご理解とご支援の賜物と感謝申し上げます。今後は、改正法の趣旨を広く皆様にご理解いただくための広報活動を積極的に行うとともに、ユーザーに対するよりよいサービスの提供に一層努めて参ります。今回の法改正によりインターネット上で蔓延する著作権侵害行為が減少し、健全なインターネット社会が実現することを期待するとともに、新たな音楽・映像の創作活動に一層努めて参る所存です。


関連情報


(三柳 英樹)

2012/6/20 17:24