記事検索

ソフトバンク、iPhone 5でテザリング提供へ


 ソフトバンクモバイルは19日、都内で記者向けに説明会を開催し、9月21日に発売される「iPhone 5」を念頭に、LTE方式の通信サービスやスマートフォンの下取りなどの新たな施策を発表した。

 発表された中では、これまで非対応とされてきたLTEスマートフォンにおけるテザリングについて、一転して対応を表明。テザリングサービスの開始は2013年1月15日からで、オプション利用料は月額525円、2012年12月31日までに申し込むと2年間はテザリングのオプション利用料が無料になる。対象はLTE対応スマートフォンで、9月21日時点では「iPhone 5」が該当する。なお、テザリングオプションを契約すると、パケット定額は月額5460円になるが、月間の通信量は7GBに制限される。

ソフトバンクモバイル 代表取締役社長の孫正義氏

 加えて、月額500円でソフトバンク同士の通話が24時間定額となるサービスや、固定回線の「ホワイトBB」とのセットでパケット定額料が割引される「LTE スマホ BB割」、LTE端末に機種変更した際に、余った従来の端末で回線を契約するとパケット定額料が月額1980円になる「LTEスマホ家族キャンペーン」が発表された。

 さらに、すでに発表された「スマホ下取り」は、ユーザーからの反応を受け各モデルの下取り価格を改定。上限額を引き上げたほか、HTCやデルなど一部のモデルも下取り対象に追加した。下取りした端末は海外市場でリユースされることも合わせて明らかにされている。

 このほか、これまで明らかにしてこなかったLTEのサービスエリアについて、2013年3月時点で実人口カバー率を91%にすることや、免許許可数が1万局に上っていることなども明らかにした。


関連情報


(太田 亮三)

2012/9/19 19:26