記事検索

“遠隔操作ウイルス”専用駆除ソフト、トレンドマイクロが無償公開


 トレンドマイクロ株式会社は18日、“遠隔操作ウイルス”や“なりすましウイルス”と呼ばれているマルウェアの専用駆除ソフトを無償で公開した。Windows 7/Vista/XPに対応しており、64bit版と32bit版が用意されている。

 検出対象は、トレンドマイクロで「BKDR_SYSIE.A」と呼んでいるマルウェア。駆除ソフトは実行ファイル形式で提供されており、同社サイトからダウンロード後、ファイルをダブルクリックして実行することでスキャンが始まる。BKDR_SYSIE.Aが検出されれば、削除ボタンにより駆除まで行えるという。

 遠隔操作ウイルスに感染させたPCを使い、他人になりすまして犯行予告の書き込みなどを行った事件が複数判明したことが連日報道され、世間に不安をもたらしている状況を踏まえて提供することにした。トレンドマイクロによれば、18日夕方現在、大規模な感染拡大は確認していないというが、この駆除ソフトを使うことで感染の有無をチェックできるとしている。

 なお、トレンドマイクロのウイルス対策ソフト「ウイルスバスター」を使用している場合は、最新パターンファイルでスキャンすることで、BKDR_SYSIE.Aの検出が可能。


関連情報


(永沢 茂)

2012/10/18 19:57