記事検索

出会い目的のメッセージは自動削除、「監視」の声受けミクシィが説明


 ネット上で「mixiはメッセージを監視している?」といった声が上がったことを受け株式会社ミクシィは12日、ユーザーの質問に答えるかたちでQ&Aを公開した。数件の問い合わせがあったというmixiのメッセージ機能については、面識のない異性との出会いを目的とするメッセージをシステムで自動的に抽出し、対応していると説明した。

 mixi利用規約の第14条禁止事項(8)では、「面識のない異性との出会い等を目的として利用する行為」を禁止。ミクシィは、ユーザー同士の関係性・属性(友人になっているかいないか、年齢)なども踏まえ、違反事項に該当する可能性のあるメッセージを削除しているという。

 「元からの知り合いで連絡先を再度交換しようとしたら削除されるのか?」という質問に対しては、「面識のない異性との出会い等を目的として利用する行為」に該当しない場合、削除することはないと説明。なお、この目的で利用する行為とは別に、薬物売買などの法令違反が含まれるメッセージに対しては削除などの対応を行うとしている。

 このほか、「メッセージのやり取りをしていてアカウントが停止されるのか?」という質問には、違反事項に該当するメッセージのやりとりを複数回行ったユーザーに限り、利用停止措置を取っていることを明らかにした。


関連情報

(増田 覚)

2012/11/13 12:42