ニュース

「さくらのVPS」にSSDを利用したプランが登場、月額1780円から

 さくらインターネット株式会社は5日、仮想専用サーバーサービス「さくらのVPS」で、ストレージにSSDを使用した新プラン「さくらのVPS SSD 1G」「さくらのVPS SSD 2G」を追加し、12月13日から提供開始すると発表した。

 新たに開始するSSDプランは、VPSを収容している物理サーバーのストレージにSSDを使用することで、ストレージ性能を高めたサービスプラン。HDDを使用している従来プランに比べて約7倍のストレージ性能を実現し、データベースなどストレージ性能を必要とするユーザー向けのサービスとしている。

 「さくらのVPS SSD 1G」プランは、メモリ1GB、ストレージ50GB(SSD)、CPU仮想2コアで、初期費用1780円、月額料金1780円。年間一括払いの場合は1万9580円。「さくらのVPS SSD 2G」プランは、メモリ2GB、ストレージ100GB(SSD)、CPU仮想3コアで、初期費用3680円、月額3680円。年間一括払いの場合は4万480円。両プランともリージョンは石狩で、ネームサーバーは5ゾーンまで利用可能。

プラン名 さくらのVPS SSD 1G さくらのVPS SSD 2G
メモリ 1GB 2GB
ストレージ 50GB(SSD) 100GB(SSD)
CPU 仮想2コア 仮想3コア
初期費用 1780円 3680円
月額料金 1780円 3680円
年間一括料金 1万9580円 4万480円
ネームサーバー 5ゾーン
リージョン 石狩

SSDにすることで高速かつ公平なサービスの提供が可能に

さくらインターネットの田中邦裕社長

 さくらインターネット代表取締役社長の田中邦裕氏は、「SSDを使ったVPSは海外では出始めているが、日本では初だと思う」とした上で、今後のVPSはSSDの方が一般的になるのではないかと予想する。

 その理由は、HDDは大容量化は進んでいるものの性能部分での向上には乏しく、CPUやメモリといった他のリソースに比べて、VPSサービスを提供する上でのボトルネックになっていたからだという。

 また、VPSでは各ユーザーが利用できるリソースを均等になるように設定しているが、ディスクI/Oについては制限をかけるとさらにストレージのパフォーマンスが悪化するため、厳密な制限がかけづらかったという。これがSSDになることで大幅にパフォーマンスが向上し、ディスクI/Oについても制御が可能となり、各ユーザーに公平にリソースを配分できるようになるため、ユーザーにとっては同じ物理サーバーを使っている他のVPSユーザーの影響を受けにくくなるメリットもあるという。

 さくらのVPSは、11月に利用件数が4万件を突破しており、今回のSSDプランを追加することで、さらに幅広いニーズに応えていくという。田中氏は今後の目標として「10万件を超えたいと思っているが、その数字もそれほど遠くなくなったと思う」として、さくらのVPSをさらに海外にも展開することを考えているという。「まずは米国だが、アジア各国でも使ってほしい。米国のサービスを使うなら日本の方が距離的にも近く、レイテンシー的にも有利」として、日本発のサービスを海外の人にも使ってもらいたいと語った。

(三柳 英樹)