ニュース

国内企業ソーシャル活用、トップ50社「LINE」利用率3倍に

 アジャイルメディア・ネットワーク株式会社は21日、国内におけるソーシャルメディア活用企業トップ100社のランキングを公表した。それによれば、上位10社はGoogle+やPinterest、LINEの利用が増加しており、特にLINEは活用企業が大幅に伸びていることがわかった。首位は前回2位の日本コカ・コーラだった。

 トップ10は以下のとおり。

【ソーシャルメディア活用企業トップ10】
順位 企業名 活用度数 前回ランキング
1 日本コカ・コーラ 674 ローソン
2 ローソン 670 日本コカ・コーラ
3 ベネッセホールディングス 559 カプコン
4 KDDI 511 スクウェア・エニックス
5 アディダスジャパン 501 サントリーホールディングス
6 カプコン 500 セガ
7 スクウェア・エニックス 493 ソニー
8 サントリーホールディングス 483 ベネッセホールディングス
9 エイチ・アイ・エス 466 KDDI
10 ディズニー 451 タワーレコード

 トップ50社のソーシャルメディア別の利用率で伸び率が最も大きかったのはLINEで、前回調査時の12%から36%へと3倍増加。他のサービスのほとんどが無料で利用できるのに対し、LINEは有料での利用が前提となるため、注目度の高さがうかがえるとしている。それ以外にもGoogle+とPinterestもそれぞれ前年倍以上の増加を見せた。

【ソーシャルメディア活用企業トップ50活用動向】
今回調査 増加ポイント 前回調査
Twitter 100% - 100%
Facebook 100% - 100%
YouTube 98% - 98%
ブログ 78% +8pt 70%
Ustream 74% +10pt 64%
mixi 72% +18pt 54%
GREE 52% - 52%
ニコニコ動画/生放送 44% +2pt 42%
Google+ 42% +24pt 18%
LINE 36% +24pt 12%
Pinterest 30% +16pt 14%
Mobage 28% +6pt 22%

 調査は大企業約300社を対象に、TwitterやFacebook、mixi、ブログ、YouTube、ニコニコ動画/生放送、Ustream、LINEなど12メディアの活用度を算出したもの。調査方法としては、各サービスの企業アカウントやチャンネルのフォロワー数、登録数、動画再生数などを合算して指数化した。毎年実施している調査で、今回で5回目となる。

(増田 覚)