ニュース

LINEで3割の夫婦「仲良くなった」、4割がコミュニケーション頻度上がる

 ジャストシステム株式会社は23日、夫婦間でのLINE利用に関する調査結果を公表した。調査は1月11日と12日、同社のネットリサーチサービス「Fastask」を通じて、夫婦間でLINEを利用している20〜40代の既婚男女800人を対象に実施したもの。

 それによれば、LINE利用後の夫婦間におけるコミュニケーション頻度の変化では、39.5%が「高くなった」と回答。夫婦仲については、29.4%が「良くなった」と答えており、ジャストシステムは「LINEの利用が夫婦間に良い影響を与えている」とみている。

 また、LINEのトークの一連のやりとりを1回と数えた場合に、夫婦間の1日平均のトーク回数を聞いたところ、「1回以下」が40.4%だった。一方、「2〜5回」が44.0%、「6回〜9回」が8.9%、「10回以上」が6.8%と、6割近くの人が2回以上と頻繁にやりとりしていることがわかった。

 LINE利用後の夫婦間コミュニケーションの変化については、配偶者に対して「置かれている状況について励ます言葉をかけることが多くなった」という女性は32.5%、男性は28.8%、「労をねぎらう言葉を掛けることが多くなった」という女性は36.5%、男性は32.8%、「感謝の言葉を掛けることが多くなった」という女性は33.6%、男性は30.8%だった。

 「LINEの利用により、男性に比べ、女性は配偶者に温かい言葉を掛けるようになる傾向にある。」(ジャストシステム)

 このほか、無償スタンプを「利用している」と回答した人は76.8%。配偶者に使っているという女性は53.8%、男性は40.3%だった。一方、有償スタンプを「利用している」と答えた人は17.7%にとどまり、「有償スタンプを利用したことがない」人は69.5%と多数だった。

(増田 覚)