ニュース

PQI、microSDカード利用の小型の無線ストレージ「Air Pen」

「Air Pen」

 PQI Japanは、スマートフォンなどからアクセスできるバッテリー内蔵の小型のWi-Fiストレージ「Air Pen」を3月1日に発売する。価格はオープン価格で、販売予想価格は4980円。ストレージ部分はmicroSDHCカードを利用する。

 今回発売される「Air Pen」は、40gという小型のボディが特徴のWi-Fiストレージ。ストレージ部分はmicroSDHCカードを利用し、最大32GBまでサポートされている。Wi-Fi経由ではスマートフォンやタブレット、パソコンなど5台の端末から同時にアクセスできる。

 本体には有線LANポートも装備されており、家庭の有線LANケーブルを接続すれば、無線LANアクセスポイントとして稼働できる。また、本体の折りたたみ式のUSB端子をパソコンに接続すれば、USBメモリ(USBフラッシュドライブ)として利用することもできる。

 本体にリチウムポリマー充電池を内蔵しており、連続で最大約2時間の通信が可能。

 スマートフォン向けにはAndroid、iOS向けにアプリが用意され、簡単にアップロードや共有が可能。Webブラウザから操作することもできる。3月中旬に同社から発売される予定の「Air Bank」と連携し、「Air Pen」の全データをワンボタンで「Air Bank」にバックアップするという機能も用意されている。

 スマートフォンの対応OSは、Android 2.1〜、iOS 4〜。パソコンはWindows XP〜。大きさは約91.5×25×16.5mmで、重さは約40g。ボディカラーはブラック、ホワイトの2色で、ブラックは後日発売される。

(太田 亮三)