ニュース

「IIJmio高速モバイル/Dサービス」、高速・低速を任意に切り替え可能に

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、NTTドコモのLTE/3G網を利用した個人向けモバイルデータ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」について、4月1日よりサービス仕様を拡充すると発表した。

 まず、普段は低速通信を使用し、必要な時に「追加クーポン」を購入することで下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps(NTTTドコモのLTEエリア内の場合)の高速通信を使える「ミニマムスタートプラン」(月額945円)では、低速通信時の上り/下り最大通信速度を従来の128kbpsから200kbpsに引き上げた。

 次に、月間1GBまでの高速通信容量が「バンドルクーポン」として含まれている「ライトスタートプラン」(月額1974円)と、同じく月間1GBを家族などのSIMカード最大3枚で分け合って使える「ファミリーシェアプラン」(月額2940円)では、このバンドルクーポンの容量の翌月繰り越しが可能になる。従来は、1GBを使い切れなかった場合もバンドルクーポンが当月末で利用期限を迎えていた。

 一方、1GBを使い切った場合は低速通信となるが、低速通信時の上り/下り最大通信速度がミニマムスタートプランと同様、128kbpsから200kbpsへ引き上げられている。

 さらに、低速通信と高速通信の切り替え機能を提供する。IIJmioのウェブサイトまたは専用アプリ(4月1日時点ではAndroidアプリを予定)から操作することで、低速通信と高速通信をユーザーが任意に切り替えられる。高速通信容量の翌月繰り越しとあわせ、ユーザーの利用スタイルに応じて効率よくデータ通信を行うことができ、月々の通信コストを抑えられるとしている。

 なお、追加クーポンは100MBで525円となっている。ミニマムスタートプランのほか、ライトスタートプラン、ファミリーシェアプランでもこれを購入して高速通信容量を追加できる。

プラン名称 ミニマムスタートプラン ライトスタートプラン ファミリーシェアプラン
3月31日までの旧称 ミニマムスタート128プラン ライトスタートプラン(変更なし) ファミリーシェア1GBプラン
特徴 常時は低速で通信料金を安く抑えられ、必要な時にクーポンを購入し、高速化できるプラン 月間1GBのデータ通信が高速・定額でできるプラン 月間1GBのデータ通信をSIMカード最大3枚で分け合って使うことができるプラン
4月1日以降の通信速度 上り/下り最大200kbps
※クーポン追加時は、下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps
下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps
※月間通信量1GBを超えると上り/下り最大200kbps
下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps
※月間通信量1GBを超えると上り/下り最大200kbps

(永沢 茂)