ニュース

フジテレビとニコニコがコラボ、「ボーカロイド歌謡祭」4月6日深夜放送

 株式会社フジテレビジョン、株式会社ドワンゴ、株式会社ニワンゴは、ネットとテレビのさらなる連携強化を図り、初めてのコラボレーションとなる番組「ボーカロイド歌謡祭2013(春)〜初音ミクから生まれた新たな音楽の世界〜」を制作し、フジテレビで4月6日26時10分より放送すると発表した。

 「ボーカロイド歌謡祭2013(春)〜初音ミクから生まれた新たな音楽の世界〜」は、初音ミクを中心としたボーカロイドカルチャーの紹介、ボーカロイドのオリジナルライブの放送を予定する、ボーカロイドに特化した1時間の音楽番組。MCにニッポン放送アナウンサーの吉田尚記、アシスタントにフジテレビデジタルアナウンサー「杏梨ルネ」を起用する。

 フジテレビ編成制作局編成部長の立松嗣章氏は、「今、ネットから発生した大きなムーブメントである、ボーカロイドの世界を改めて知ることで、テレビとの化学反応を起こしてみたいということが今回の企画のきっかけでした。この番組を通じて、ボーカロイドを知っている人も、知らなかった人も、そのボカロの世界に触れ、その奥深さを一緒に感じてもらえたらと思っております。そして、私たち、フジテレビ自身もこの番組の制作を通じて、この化学反応を楽しみたいと思っております」とコメント。

 ドワンゴ執行役員CCOプロデューサー兼株式会社ドワンゴコンテンツ代表取締役会長の横澤大輔氏は、「ニコニコ動画を中心としたネットから生まれた文化であるボーカロイドを、テレビが持つ番組企画制作力、幅広い層へリーチが可能となる媒体力とコラボレーションすることで、既存ファンや、今まで知らなかった人にも楽しんでいただけるような番組を、メディアの垣根を超えた形で実現できたことはとても大きなことです。これからのリアルとデジタルとのコンテンツの可能性をこの番組をきっかけに発信していければと思っております」とコメントしている。

(三柳 英樹)