ニュース

NTT西日本、フレッツ光の月額料金、1年目からいきなり6年目並みに割り引き

 西日本電信電話株式会社(NTT西日本)は、FTTHサービス「フレッツ光」の新規申し込みを対象に、月額料金の割引サービス「Web光もっと2(もっともっと)割」を5月1日に開始する。例えば「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼」の月額料金は通常5670円だが、「Web光もっと2割」を適用すると4000.5円になる。

「Web光もっと2割」適用時の月額料金イメージ(「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼」の場合)

 従来よりNTT西日本では、複数年の継続契約で、加入年数に応じて段階的に月額料金を割り引く「光もっと2割」を提供していた。前述の「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼」の場合、1〜2年目が月額4515円、3年目が4315.5円、4年目が4210.5円、5年目が4105.5円、6年目が4000.5円、7年目が3895.5円、8年目以降が3790.5円となる。

 新たに提供する「Web光もっと2割」は、1〜5年目の月額料金を「光もっと2割」の料金からさらに割り引くもの。加入1年目からいきなり、「光もっと2割」の6年目の月額料金水準となり、7年目と8年目以降は「光もっと2割」と同額になる。NTT西日本によると、「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼」の場合、利用開始から5年間の合計で最大1万9908円、「光もっと2割」よりもさらに割り引かれるとしている。

 このほか、集合住宅向けの「フレッツ 光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ隼」では、通常料金は月額2730〜4725円(契約個数や配線方式により異なる)だが、「Web光もっと2割」により、1〜5年目が月額2026.5〜3591円に割り引かれる。

「Web光もっと2割」対象サービスの割引適用時の月額料金

 「Web光もっと2割」は、NTT西日本のフレッツ公式サイト(http://flets-w.com/)から、「フレッツ 光ネクスト」または「フレッツ・光プレミアム」と、「光もっと2割」を同時に新規で申し込んだ場合に適用される。ただし、「フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ」「フレッツ 光マイタウン ネクスト」「フレッツ・光プレミアム エンタープライズタイプ」「フレッツ・光マイタウン」「学校向け特別料金適用回線」は割引対象外。申し込み受付は9月30日までの予定。

 なお、「Web光もっと2割」の適用期間は、初回(1〜2年目)は2年、2回目(3年目)以降は3年ごとの複数年単位で自動延伸となり、割引期間内に解約する場合は最大3万1500円の解約金が発生する。

「Web光もっと2割」の適用期間と解約金

(永沢 茂)