ニュース

電子書籍購買層拡大の起爆剤に、文藝春秋が司馬遼太郎「竜馬がゆく」電子化

 株式会社文藝春秋は、司馬遼太郎「竜馬がゆく」8巻を電子書籍化し、6月21日より順次発売すると発表した。司馬作品の本格電子化は、今回が初めてだという。

 「竜馬がゆく」は坂本竜馬の生涯を描いた作品で、1962年6月21日に産経新聞夕刊で連載開始。総発行部数2500万部を超える司馬遼太郎の永遠のベストセラーだとしており、連載開始から半世紀の節目となる同じ6月21日に電子書籍として発売されるかたちだ。

 全8巻のうち、1〜3巻を6月21日に、4〜6巻を7月12日に、7・8巻を8月7日に配信開始する予定。価格は各巻660円。「Kindleストア」「iBookstore」「楽天kobo」「ReaderStore」「紀伊國屋書店」「BookLive!」「honto」「GALAPAGOS STORE」ほか、主要な電子書籍ストアを通じて販売する。

 電子書籍の購入予約が可能なKindleストア、iBookstore、楽天koboでは、6月3日から予約も開始された。

 文藝春秋によると、電子書籍市場は2012年末の外資系ストア参入によって売上が増加し、同社の売上も2012年の3倍になっているという。そのような中、読者からの電子化リクエストで最上位にあるのが司馬作品だとしている。一方、電子書籍の主要読者は40〜50代の男性が中心であり、「竜馬がゆく」は電子書籍の購買層をさらに増やす起爆剤となり、新たな司馬ファンを取り込めるとみている。

(永沢 茂)