ニュース

ネットのルール&マナー検定「大人版 2013」、オンラインで9月10日まで実施

 一般財団法人インターネット協会は11日、「インターネットにおけるルールとマナー検定」の「大人版 2013」を開始したと発表した。期間は9月10日まで。ウェブサイト上で無料で受検できる。

 出題数は全100問で、回答は選択式。出題分野の内訳は、モラル(道徳、規範)が5問、ルール(規則、法律)が30問、マナー(作法、礼儀)が30問、安全利用が30問、スキル(技能)が5問。制限時間は6時間。

 スコアの目安としては、職場や教育現場で指導的な役割をしている人または企業のセキュリティ担当者などであれば90〜100、インターネットをビジネスや教育現場で利用している人は70〜89、家庭や学校などでインターネットを通常利用する人は50〜69で、インターネット初心者が49以下。

 スコア70以上を獲得した人は、希望により、有料でインターネット協会から認定証を発行してもらうことが可能。発行手数料は3150円。

(永沢 茂)