ニュース

大学生の半数近くが「LINE疲れ」感じる、「既読」でプレッシャーも

 株式会社ジャストシステムは20日、大学生のLINE利用実態調査の結果を公表した。調査は同社のネットリサーチサービス「Fastask」を通じて、スマートフォンでLINEを利用している大学生750人を対象に実施したもの。

7割が「既読が相手に分かるので返事をしなければ悪いと思う」

 それによれば、「既読が相手に分かるので返事をしなければ悪いと思う」という人は71.4%に上り、ジャストシステムでは「既読によってやりとりを続けなければならないプレッシャーを感じている大学生が多い」と分析している。

 また、「LINEのトーク利用で疲れを感じることがある」人は45.7%と、半数近くが「LINE疲れ」を感じていた。その一方で、「LINE疲れ」で利用機会が減ったかという質問には、76.7%が「あてはまらない」と答えており、ジャストシステムは「疲れを感じながらも利用はやめられないのが現状」とみている。

大学生の3割が1日1時間以上利用

 1日の平均利用時間で最も回答が多かったのは「10分以上〜30分未満」で28.5%。一方、1日1時間以上利用している人も28.2%に上った。利用する時間帯では6割以上が「21時台」「22時台」と回答した。

 1日にトークする人数で最も回答が多かったのは「1〜2人」で39.2%。「6人以上」は15.1%だったが、年齢別では18歳で23.1%と他の年齢と比べて割合が高く、学年が上がるにつれて低くなる傾向が見られた。「特定の1人」という人は9.5%だったが、18歳では5.5%と他の年齢に比べて割合が低く、学年が上がるにつれて割合が高くなる傾向が見られた。

 過去に購入した有償スタンプの数では「購入したことがない」が86.8%で最も多く、「1〜5種類」が12.2%、「6種類以上」が1.0%。このほか、「すべてのスマートフォンアプリの中で最も利用するのはLINE」と回答した人は29.7%だった。

(増田 覚)