ニュース

DTI、SIMだけデータ通信サービス「ServersMan SIM」がLTE対応に

 ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は、SIMカードのみ提供するデータ通信サービス「ServersMan SIM 3G 100」がLTEに対応し、新たに「ServersMan SIM LTE 100」に刷新されると発表した。受付は22日から開始され、サービスは8月1日より提供される。

 「ServersMan SIM」は、月額490円〜のモバイル通信サービス。LTE対応後も基本利用料はこれまでと同じ月額490円となる。LTE対応によって、対応機種が拡大すること、あるいはレイテンシ(遅延)が若干、抑えられるとのこと。通信速度については、従来通り、下り最大100kbpsだが、高速通信へ切り替えられる。

 高速通信への切り替え機能「ServersMan SIM Unlimited」では、下り最大3Mbps程度(ベストエフォート)まで増速できる。この高速切り替え機能は、従来も提供されていたが、今回は機能が刷新され、仮に下り100kbpsで通信がスタートした後でも途中で高速にできる。また、専用アプリでのON/OFF切り替えに加えて、事前に指定したアプリが起動するとそのアプリが起動中のみ、高速化する、といった使い方もできる。なお、従来の3G版では増速後の平均速度は明らかにされていないが、LTE対応によってある程度高速化する、とDTIでは説明している。

 「ServersMan SIM Unlimited」は、通信量に応じた追加料金を支払うことで利用できる。利用料は100MBで263円、500MBで1315円、1GBで2630円。8月末までにチャージすると、最初の100MBは無料で利用できるほか、クラウドストレージサービス「ServersMan@Dis」の1GB分が無料で利用できる。

 またSMS(ショートメッセージサービス)もオプションとして利用でき、利用料は月額150円、1通あたりの送信料が国内3.15円、海外50円となる。なお、DTIでは「SMSオプションを利用することで、データ通信サービス専用のSIMカードを利用する際に特有の事象『セルスタンバイプロセスによる電力消費』を抑えられる」としている。

 「ServersMan SIM 3G 100」の既存ユーザーには、順次、「ServersMan SIM LTE 100」のSIMカードが送付される。なお、「ServersMan SIM 3G 100」のSIMカードが利用できるのは9月2日までで、DTIでは9月30日までに既存のSIMカードを返送するよう求めている。

(関口 聖)