ニュース

Amazon、「Kindleストア」出版社別年間売上ランキング発表〜トップは講談社

 Amazon.co.jpは、「Kindleストア」における2013年の出版社別年間売上ランキング上位50社を発表した。ランキングは、2013年1月〜2013年12月末までのAmazonにおけるKindle版販売金額に基づいて集計。販売金額については非公表となっている。

 ランキング1〜10位は順に、講談社、KADOKAWA、集英社、小学館、ダイヤモンド社、新潮社、文藝春秋、早川書房、スクウェア・エニックス、双葉社。

 11〜20位は、秋田書店、幻冬舎、朝日新聞出版、インプレスグループ、SBクリエイティブ、PHP研究所、ゴマブックス、白泉社、東洋経済新報社、サンマーク出版の順となっている。

 Amazon.co.jpでは、人気コミック「進撃の巨人」のKindle版と紙版の同日新刊発売や価格施策を実施し、Kindle版に対して積極的に取り組んだ講談社が1位にランクインするなど、新刊同時発売と価格施策が売上を牽引したと分析している。

 また、ダイヤモンド社、早川書房、スクウェア・エニックス、双葉社、秋田書店などは、紙の書籍と比較してKindle版の順位を大きく伸ばしており、一部の出版社では、Kindle版の月間販売数が紙版を上回る状況も見られたという。

(工藤 ひろえ)