ニュース

2013年のスマホ広告市場規模は1652億円、前年比93%増の成長

 株式会社CyberZは18日、株式会社シード・プランニングと共同で実施したスマートフォン広告市場動向調査の結果を公表した。

 調査では、スマートフォン広告を「検索連動型広告」「ディスプレイ広告」「成果報酬型広告」に分類し、年間スマートフォン広告出稿額を推計。市場規模予測を算出している。対象期間は2013年1月〜12月。

 2013年のスマートフォン広告市場規模は1652億円で、前年から93.0%増加。LTEなどの高速回線サービスの拡充が進み、スマートフォンにおけるデジタルコンテンツ利用の促進、eコマース事業者によるスマートフォン向けサービス対応が加速したことなどで、企業のスマートフォンユーザーを対象としたマーケティング活動が強化され、スマートフォン広告需要の裾野も大きく広がったと分析している。

スマートフォン広告市場予測 2014年版

 広告商品別の内訳は、検索連動型広告市場が854億円(前年比68.4%増)、ディスプレイ広告市場が652億円(同175.1%増)、成果報酬型広告市場が146億円(同30.4%増)。

 検索連動型広告については、大手事業者による広告配信プラットフォームの大幅な仕様変更が行われ、PCやスマートフォンなど複数のデバイスに対して横断的な広告配信が可能になったことから、これまでPC向けに検索連動型広告を出稿していた広告主からの出稿が増えた。

 ディスプレイ広告については、国内ゲームデベロッパーのプロモーション需要に加えて、海外デベロッパーの日本進出、大手小売・飲食チェーンなどのO2Oプロモーション需要、eコマース事業者など幅広い広告主の集客需要が増加。新たな広告商品の提供が進み、ディスプレイ広告市場は前年に引き続き大きく拡大した。

 成果報酬型広告については、ゲームデベロッパーのプロモーション需要の増加により前年に引き続き増加。これまではアプリインストールに応じてポイントなどのインセンティブを付与する形式が主流だったが、2013年にはインセンティブを付与しないタイプの成果報酬型広告が一定の規模で普及したとしている。

 2014年のスマートフォン広告市場規模は2304億円、広告商品別では、検索連動型広告が1257億円、ディスプレイ広告が870億円、成果報酬型広告が177億円と予測している。

スマートフォン広告市場予測 2014年版(広告商品別)

(三柳 英樹)