ニュース

マイクロソフト、「SkyDrive」から名称変更した「OneDrive」提供開始

共同編集など新機能追加、10万人に100GBを提供するキャンペーンも

 日本マイクロソフト株式会社は19日、オンラインストレージサービス「SkyDrive」の名称を「OneDrive」に変更し、全世界で提供を開始したと発表した。SkyDriveのユーザーは、「www.onedrive.com」のサイトにログインすることで、従来のデータもそのまま引き続き利用できる。

 マイクロソフトでは、SkyDriveの名称をOneDriveに変更することを1月27日に発表していた。今回の名称変更に合わせて、Officeドキュメントを他のユーザーと同時に編集できるリアルタイム共同編集機能や、動画をネット環境に合わせて最適なビットレートで再生する機能、Androidアプリ向けのカメラバックアップ機能などの新機能が追加された。

 また、無料で利用できる7GBのディスク容量に加えて、カメラバックアップ機能を使うと3GBの容量が追加され、OneDriveを紹介した友達が使い始めると500MBの容量が追加される(最大5GBまで)。また、有料の容量追加プランについては、年額払いだけでなく月額払いにも対応する。

 マイクロソフトではOneDriveの公開を記念して、1年間有効な100GBの容量を10万人に提供する。詳細については、Twitterアカウント「@OneDrive」で2月19日のどこかのタイミングで公表するとしている。

 また、Office 365の「SkyDrive Pro」についても「OneDrive for Business」への移行を発表しており、詳しくは3月2日〜6日に米国で開催する「SharePoint Conference」で紹介するとしている。

(三柳 英樹)