ニュース

Winny/Shareで流通する著作物、アダルト3割・同人2割、クローリング調査推定

 一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)と不正商品対策協議会(ACA)は、ファイル共有ソフトのクローリング調査の結果を公表した。

 クローリング調査は、ファイル共有ソフトのネットワーク上に流通している情報を自動的に取得し、分析したもの。調査対象は、Winny、Share、PerfectDark、Gnutella、Bittorrentの5種類のファイル共有ソフト。Bittorrentを除く4ソフトでは、各ソフトに対応した手法を用いてネットワークを2014年1月17日17時〜1月18日17時に巡回し、実際に流通している情報を取得・分析。Bittorrentについては、利用者が多く代表的とされるインデックスサイトの1年分(2013年1月19日〜2014年1月18日)の新着トレントファイルを自動収集して実施した。

 各ソフトで収集したファイルから1万件をランダムに抽出し、それぞれのファイルを「調査対象著作物(音楽、映像、プログラムなど権利の所在が確認できるもの)」「アダルト」「同人」「不明ファイル」「危険ファイル(ウイルスなど)」に分類している。

 抽出したファイルのうち、著作物と推定されるファイル(「調査対象著作物」「アダルト」「同人」の合計)の割合は、Winnyが94.22%、Shareが98.48%、Perfect Darkが98.81%、Gnutellaが65.11%、BitTorrentが98.61%。

 Winnyから抽出したファイルの分類は、調査対象著作物が39.29%、アダルトが34.05%、同人が20.88%など。調査対象著作物の内訳は、映像35.94%、書籍35.48%、音楽11.05%、プログラム3.77%、その他13.77%。調査対象著作物のうち、権利の対象であり無許諾で送信されていると推定されるものが94.15%を占める。

 Shareから抽出したファイルの分類は、調査対象著作物が46.31%、アダルトが31.41%、同人が20.76%など。調査対象著作物の内訳は、映像66.12%、書籍20.84%、音楽4.88%、プログラム4.34%、その他3.82%。調査対象著作物のうち、権利の対象であり無許諾で送信されていると推定されるものが95.98%を占める。

Winnyコンテンツの流通状況
Shareコンテンツの流通状況

 Perfect Darkから抽出したファイルの分類は、調査対象著作物が60.13%、アダルトが26.85%、同人が11.83%など。調査対象著作物の内訳は、映像50.17%、書籍24.56%、音楽11.46%、プログラム5.55%、その他8.25%。調査対象著作物のうち、権利の対象であり無許諾で送信されていると推定されるものが95.54%を占める。

 Gnutellaから抽出したファイルの分類は、調査対象著作物が52.30%、アダルトが12.72%、同人が0.09%など。調査対象著作物の内訳は、音楽54.67%、書籍16.21%、映像6.06%、プログラム1.43%、その他21.63%。調査対象著作物のうち、権利の対象であり無許諾で送信されていると推定されるものが78.45%を占める。

 BitTorrentから抽出したファイルの分類は、調査対象著作物が73.03%、アダルトが25.00%、同人が0.58%など。調査対象著作物の内訳は、映像62.49%、プログラム18.50%、音楽10.80%、書籍6.60%、その他1.60%。調査対象著作物のうち、権利の対象であり無許諾で送信されていると推定されるものが95.00%を占める。

各ファイル共有ソフトの調査対象著作物の内訳

(三柳 英樹)