ニュース

Adobe Readerの古い脆弱性を狙うウイルス、日本で感染拡大

 ESETは20日、Adobe Readerの脆弱性「CVE-2013-2729」を狙うウイルスの感染が、2014年5月5日以降、日本国内での拡大が確認されているとして、注意を呼び掛けた。

日本におけるAdobe Readerの脆弱性を狙うウイルスの週間ランク

 ウイルスは、CVE-2013-2729を悪用するトロイの木馬およびその亜種で、日本では5月5日〜9日、5月12日〜13日に感染が拡大していることが確認されている。ESET製品では「PDF/Exploit.CVE-2013-2729」として検出する。

日本におけるAdobe Readerの脆弱性を狙うウイルスの月間推移

 CVE-2013-2729は、1年前(2013年5月)のセキュリティアップデートで修正されている脆弱性で、悪用された場合にはリモートから攻撃者がシステムを制御できる可能性がある。

 ESETでは、こうしたウイルスに感染しないための対策として、ウイルス定義データベースを最新にアップデートすることや、OSやソフトウェアのアップデートを行い、セキュリティパッチを適用することなどを呼び掛けている。

(三柳 英樹)