ニュース

アイ・オー、スマホユーザーの悩みを解消する自分だけのクラウドストレージ

 株式会社アイ・オー・データ機器は、スマートフォンユーザー向けのNAS「ポケドラCloud」を12月上旬に発売する。価格(税別)は、500GBのHDDを搭載した「HLS-C500」が1万6500円、1TBのHDDを搭載した「HLS-C1.0」が2万2100円、2TBのHDDを搭載した「HLS-C2.0」が2万8800円。同社では、HLS-Cシリーズを「パーソナルクラウドストレージ」として訴求する。

特徴的なデザインの「HLS-Cシリーズ」
本体裏には有線LANポートと電源ボタンが配置されている

 スマートフォンやタブレットの高性能化にあわせて、撮影した写真や動画のファイルサイズが肥大化しているほか、増えていくデータに対してストレージが追いついておらず、クラウドストレージにデータを保存する機会が増えているという。ただし、大容量のサービスは月額料金高く、アイ・オーでは、クラウドサービス同等の機能を自宅のストレージで実現することで、クラウドユーザーを月額課金から解放するとしている。

 ポケドラCloudでは、多段ルーターなどのネットワーク環境に左右されずに外部から接続できる「Remote Link 3」を導入。スマートフォンやタブレットから、アイ・オーが持つサーバーにアクセスし、P2Pセッションに必要な接続情報を取得することで、モバイルデバイスからポケドラCloudへ直接アクセスできるようにしている。

 これまでのNASは、ルーターのUPnPを設定してポートを開放することで、外出先からのアクセスを実現していたが、UPnPのコマンドでは多段ルーターを越えることができず、ユーザーによる手動設定でポート転送の設定を行う必要や、集合住宅などでは設定できない場合があったという。ただし、Remote Link 3は、Symmetric NATタイプのルーターでは利用できない。

 また、iOS/Androidスマートフォン向けアプリ「Remote Link Flies」のみで、ネットワーク診断、ユーザー設定、フォルダー共有設定が可能。初期設定もスマートフォンのみで完結できる。付属のカードに記載されたQRコードを読み取り、アイ・オー側のサーバーで認証することで、NASと同じネットワーク環境下でなくても設定が完了する。設定画面は、スマートフォンでの利用を想定し、UIを刷新している。

 Remote Link Filesでは、設定以外にもNAS内のファイルブラウズも可能。画像の閲覧のほか、動画や音楽のストリーミング再生に対応する。Androidアプリでは、音楽の連続再生にも対応し、次の曲への間が空かないよう、あらかじめ次に読み込む曲データの位置を把握するという。また、ファイルのソート/検索機能のほか、ダウンロード、アップロード、ファイルのアクセス権をほかのスマートフォンと共有することが可能。

 そのほか、Dropboxやフレッツ・あずけ〜るとも連携。これらのクラウドストレージに保管されているファイルをポケドラCloudに転送できるほか、ポケドラCloud内のファイルをクラウドストレージ上に同期できる。データごとの使い分けや、クラウドサービスとのデータの二重化も可能。また、ネットワーク越しにポケドラCloud同士の同期も可能で、ポケドラCloudのみでのデータの二重化も可能。

 PCからのアクセスは、フォルダー同期アプリケーション「Remote Link PCsync」を利用することで、ローカル/リモート問わず、Windows/Macの指定フォルダーと自動で同期できる。一般的なNASとしても利用でき、VPNでの接続にも対応する。メディアサーバー機能も搭載し、DLNA対応テレビからポケドラCloud内の写真や動画を閲覧できる。

 対応OSは、Windows 8.1/8/7/Vista、Mac OS X 10.7〜10.9、Android 4.1以降、iOS 7以降。ネットワークへの接続は1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tの有線LANポートを使用する。本体は三角柱のようなデザインとなっており、サイズは85×130×79mm(横×高さ×奥行)、重さは約340g。HDDには2.5インチタイプを使用しており、ファンレス仕様となっている。

(山川 晶之)