ニュース

楽天、自己出版サービス「楽天Koboライティングライフ」ベータ版を日本で開始

 楽天株式会社は18日、電子書籍サービス「Kobo」の新たなサービスとして、自己出版サービス「楽天Koboライティングライフ(KWL)」のベータ版を日本で開始した。Amazonの「Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)」と同様に、著者が電子書籍の自費出版を行えるサービスで、販売価格に対して最大70%のロイヤリティを受け取れる。

自己出版サービス「楽天Koboライティングライフ」ベータ版を日本で開始

 KDPと比較した場合、KWLには「著者に独占販売をお願いすることはない」「価格に無料設定がある」「ダウンロード容量あたりの配信手数料は請求しない」とったメリットがあると説明。また、2014年12月18日〜2015年4月1日の期間中にKWLに登録し、電子書籍の配信・登録を行った全員を対象に、85%をロイヤリティとして支払うキャンペーンも実施する。

すでにサイトでの受付が始まっている
85%をロイヤリティとして支払うキャンペーンも実施

今後もサービス改善を継続

 18日に開催された記者説明会で、楽天株式会社楽天ブックス事業副事業長の田中はる奈氏は、楽天Koboの会員数は継続的に伸長しており、売上は1年間で2.3倍と、前年(3.2倍)より成長率は鈍化したものの安定的に成長していると説明。2014年には、楽天ブックスと楽天Koboのサイト統合が完了し、「クイック購入」や「シリーズまとめ買い」といった新機能を追加。また、出版社や取次企業と協力したO2O施策の実施など、パートナーの連携強化に努めているとした。

 今後の展開については、書店で買える電子書籍カード「BooCa」など、さらに書店との連携を強化していくと説明。サイトとアプリについては、ライブラリの改修や決済手段の追加、ビューアーの拡充など、さらに使いやすさを継続して改善していくとした。また、販売についても、コミックでは同一シリーズ、文芸では同じ作家の他の作品を販促していくなど、ジャンルごとの戦略を推進していくと説明。今後もさらに、数多くの施策を予定しており、ユーザーに選ばれるストアになるべくサービス改善を継続していくと語った。

楽天ブックス事業副事業長の田中はる奈氏
売上は1年で2.3倍に

(三柳 英樹)