ニュース

Windows Server 2003利用企業のうち、半数がサポート終了後も継続利用予定

 トレンドマイクロ株式会社は15日、Windows Server 2003に関する企業の利用状況やサーバー移行の進捗状況などに関する調査結果を公表した。調査では、Windows Server 2003利用企業のうち、約半数がサポート終了後もWindows Server 2003を引き続き利用する予定と回答しているという。

 調査は、企業のサーバー運用にかかわるIT管理者515人を対象としたもので、調査期間は2014年12月5日〜8日。

 Windows Server 2003は、2015年7月15日にマイクロソフトのサポートが終了する。現在、Windows Server 2003を利用していると回答したIT管理者のうち、7月までにWindows Server 2003からの移行が完了すると回答した割合は44.3%にとどまっており、「現在、移行予定はない」という回答も20.9%あった。

業務で利用しているWindows Server 2003の移行完了の予定時期

 サポート終了後に使い続けるサーバーの用途(複数回答)としては、アプリケーションサーバー(54.4%)、データベースサーバー(50.9%)、ファイルサーバー(43.9%)、ウェブサーバー(38.6%)など、企業における主要システムに用いると回答している。

 サポート終了後のセキュリティ対策については、脆弱性対策機能を備えた総合セキュリティ対策を実施すると回答した管理者は15.8%にとどまり、アクセス制限や利用用途を制限するなどのリスク低減策を講じると回答したIT管理者も12.3%のみだった。

 トレンドマイクロでは、セキュリティ対策の観点から、サポート終了後のサーバーOSは、速やかに新しいOSに切り替えることを推奨するとした上で、サポート終了までに移行が間に合わない場合には、移行までの暫定的なサーバー向けセキュリティリスク低減策を講じることを提案すると説明。トレンドマイクロが展開する製品として、IDS/IPSによる脆弱性対策(仮想パッチ)を実装した総合サーバーセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security」と、システムの特定用途化(ロックダウン型)によるウイルス対策ソフト「Trend Micro Safe Lock」を挙げている。

(三柳 英樹)