ニュース

J:COM、ネット接続サービス「160Mコース」を320Mに、「40Mコース」を120Mに増速

 株式会社ジュピターテレコム(J:COM)は16日、CATVインターネット接続サービス「J:COM NET」の「160Mコース」「40Mコース」について、月額基本料金据え置きで、通信速度を増速すると発表した。1月から関西エリア各局で開始し、順次他のエリアにも拡大する予定。

 「160Mコース」は、下り通信速度を従来の160Mbpsから320Mbpsに増速する。コース名称は「320Mコース」となる。

 「40Mコース」も、下り通信速度を従来の40Mbpsから120Mbpsに増速。コース名称は「120Mコース」となる。

 両コースとも、月額料金は従来のまま据え置き。利用者側の変更手続きなどは不要で、自動的に新コースに移行する。ただし、ユーザーによってはモデムの交換が必要となる場合がある。

 増速は、1月23日に北摂局、和歌山局で実施されるほか、1月中にかわち局、2月〜3月に京都みやびじょん局、りんくう局、東大阪局、高槻局、神戸三木局、4月以降に堺局、和泉・泉大津局、南大阪局、大阪局、大阪セントラル局、北河内局、豊中・池田局、 吹田局、宝塚川西局、神戸芦屋局の各局で順次実施する予定。さらに、関西エリア以外の各局についても、順次増速を行っていく予定としている。

(三柳 英樹)