ニュース

中学生のネット利用、「ゲーム」と並び「動画視聴」が最多……政府の統計で明らかに

小学生は「ゲーム」、高校生は「コミュニケーション」

 内閣府は18日、「平成26年度 青少年のインターネット利用環境実態調査」の結果速報を発表した。

 昨年11月8日から12月7日まで、10〜17歳の青少年を対象に、原則として調査員による個別面接で調査したもの。3441人から回答を得た。

 スマートフォンや携帯電話、PC、タブレット、携帯音楽プレーヤー、ゲーム機、テレビなど、いずれかの機器でインターネットを利用していると回答した青少年は、全体の76.0%。学齢別では、小学生が53.0%、中学生が79.4%、高校生が95.8%だった。

 インターネットを利用していると回答した青少年に利用内容をたずねた設問で、全体で最も多く挙げられたのは「ゲーム」の71.0%で、これに「動画視聴」が69.0%、「コミュニケーション」が66.2%で続く。

 学齢別に見ると、小学生では、「ゲーム」が73.8%、「動画視聴」が53.7%、「情報検索」が48.4%の順。

 中学生では、「動画視聴」の68.8%、「ゲーム」の68.7%がほぼ同率で最多。この2つに次いで「音楽視聴」が65.2%。

 一方、高校生では「コミュニケーション」が89.6%で最多となり、これに「動画視聴」の78.3%、「音楽視聴」の76.4%が続く。「動画視聴」は、いずれの学齢でもトップ3に入る結果となった。

 インターネットを利用する機器としてスマートフォンを利用していたのは、全体の42.9%。学齢別では、小学生が9.1%、中学生が36.3%、高校生が86.8%。

 また、スマートフォンでのインターネット利用者における無線LANの利用率は77.6%に上った。

(永沢 茂)