ニュース

Amazonが日本でも定額制動画配信サービス開始、年額3900円のプライム会員向けに

 アマゾンジャパン株式会社は27日、年額3900円の「Amazonプライム」会員向けの特典として、新たに動画配信サービス「プライム・ビデオ」を提供すると発表した。プライム会員は追加料金なしに、国内外の映画やドラマ、Amazonオリジナル作品などをマルチデバイス環境かつ見放題で楽しめるようになる。サービスの開始は9月の予定。

「プライム・ビデオ」のサービスロゴ

 Amazonプライムは、通販サイト「Amazon.co.jp」にて提供中のサービス。通常は商品配送1回あたり360〜514円の手数料がかかる「お急ぎ便」を無料で回数制限なく利用できるサービスを中心に、近年はタイムセールへの先行参加が可能になるなど、特典の強化が図られている。

 プライム・ビデオの新規提供にあたって、Amazonプライムの値上げなどは行われない。また、作品のラインナップについては「日本やアメリカの映画やテレビ番組、人気アニメ、ファン必見のミュージック・ライブ、バラエティ番組やアワードを受賞したAmazonオリジナル作品」などと説明されている。4K Ultra HD映像タイトルも用意される。

 映像の視聴には、iOS/Android対応のスマートフォンやタブレットのほか、AmazonのFireタブレット、ゲーム機、スマートテレビなどが利用できる。

 海外ではプライム・ビデオに相当するサービスがすでにスタートしており、コンテンツ強化のために2014年だけで13億米ドルを投資しているという。アマゾンジャパン代表取締役社長のジャスパー・チャン氏は「AmazonにはビデオやDVDの販売など日本でも約15年のビジネス経験があり、日本のお客様が求めるエンターテインメントについて熟知しています」とプレスリリース内で述べ、国内展開にも自信を見せている。なお、東京・渋谷のスクランブル交差点におけるデジタルサイネージ展開など、各種キャンペーンも実施していく。

 定額制動画配信サービスを巡っては、海外最大手である「Netflix」が9月2日から日本国内でサービスを開始するなど、注目の動きが相次いでいる。

配信作品のイメージ。海外ではAmazonオリジナル作品の「モーツアルト・イン・ザ・ジャングル」や、ゴールデングローブ賞受賞作「トランスペアレント」、子供向け番組「タンブルリーフ」などが配信されている

(森田 秀一)