ニュース

電子書籍の販売・無料ダウンロードをかたる怪しいサイトに注意、フィッシング詐欺の可能性も?

 電子書籍の販売あるいは無料ダウンロードをかたる怪しいサイトが確認されているとして、出版各社が注意を呼び掛けている。メールアドレスやクレジットカード番号などの情報を盗むのが目的のフィッシング詐欺サイトである可能性も指摘されている。

インプレスの8月12日付告知

 あるサイトはシンプルなブログ形式となっており、書籍・雑誌の表紙の画像とダウンロード先のアップローダーのURLを記載したエントリーが並んでいる。この事例は、アフィリエイト収入などを目的に、海賊版コンテンツのダウンロードリンクを集約した、いわゆる“リーチサイト”によくあるスタイルだ。

 しかし、単なる海賊版コンテンツの提供ということではなく、電子書籍ストアを装ったフィッシング詐欺サイトとみられる事例もある模様だ。電子書籍をダウンロードしようとした人に、メールアドレスやクレジットカード番号などの情報を入力させて窃取する一方で、ダウンロードされるのはダミーのファイルであったり、そもそもファイルが存在しない可能性もあるというのだ。

 こうした事例で悪用されている出版物は複数の出版社で確認されており、ざっと探してみただけでも、講談社、新潮社、みすず書房、京都大学学術出版、労働新聞社のほか、弊社インプレスやグループ会社の近代科学社、MdN、山と溪谷社などが自社サイトなどで注意喚起を出している。中には5月ごろから告知していたところもあるが、7〜8月になって増えてきたようだ。

 出版各社では、自社出版物の電子書籍を扱っている正規の電子書籍ストアサイトを案内するとともに、インターネットで電子書籍を入手する際には怪しいサイトに注意するよう呼び掛けている。

(永沢 茂)