ニュース

SNS利用者の“見る専”は3割、ジャストシステム調査

 株式会社ジャストシステムは8日、「SNSの利用に関するアンケート」の結果を発表した。調査は、事前の調査でFacebook、Twitter、LINE、Instagramのいずれかを利用していると答えた10代〜60代を対象に2日・3日に実施。668人が回答したもの。

 「SNSの利用中に広告が目に入ってきても、特に違和感を抱かない」と答えたユーザーの割合は、Instagramが20.0%、Facebookが19.0%、Twitterが16.8%、LINEが13.5%だった。

 一方、「広告を配信してほしくない」というユーザーの割合はLINEの32.3%が最多だった。

 また、各SNSユーザーのうち、「基本的に投稿はしない」と答えた割合は、Facebook、Twitterがともに32.3%、Instagramが31.3%。閲覧するだけの“見る専”と推測できるユーザーが3割程度存在していることが分かった。

 一方、「自ら積極的に投稿する」と回答したユーザーの割合はTwitterが20.8%、Facebook、Instagramがともに14.6%だった。

(磯谷 智仁)